脱毛コラム

老後に備えてアンダーヘアを脱毛?40代・50代からの「介護脱毛」

「介護脱毛」という言葉を知っていますか??
将来、自分が介護される立場になったときのためにアンダーヘアを脱毛することです。



アンダーヘアの脱毛。
つまりVIO脱毛というと、若い女性が身だしなみや衛生面を気にして行うイメージが強いです。


ここ5年位で40代以上の女性を中心にVIO脱毛をする人が急増してます。
女性だけでなく中高年の男性もVIO脱毛を行っていることに少し驚きましたが、将来 介護が必要になったときにことを考えている人が増えてきているという証拠でもあります。


介護にアンダーヘアが邪魔な理由


40代・50代というと、自分や配偶者の両親や親戚の介護を経験している人が増えてくる年代です。


介護の経験をもとに、介護する側もされる側にも不快な思いを軽減するためにアンダーヘアを脱毛してしまおうという思いから始まったのだと思われます。


アンダーヘアがある状態だと、おむつ交換の際にキレイに拭き取ることができず、時間がかかったり、拭き取り残しがあると、ただれたりかぶれてしまって、皮膚のトラブルにも繋がります。


また、介護をしてもらうヘルパーさんや介護士さん、自分の子どもやお嫁さんに、少しでも介護の負担を軽減させるためにも必要だと考えるようです。


なぜこのタイミングで脱毛するのか??



45歳を超えたタイミングでアンダーヘア脱毛をする理由は2つ。


今から約30年ほど前の脱毛は、毛穴の1つ1つに針を刺し電流を流して脱毛するニードル脱毛が主流でした。
ニードル脱毛は、痛みが強烈、通う回数も多く、高額であることが理由で当時 脱毛をしたくても出来なかった7人が多いのが45歳前後の世代です。


1つ目の理由は、子育てから開放され、自分にために使えるお金が出来たこと、そして、ニードル脱毛よりも痛みが少なく、施術時間も早く、価格も安くなったことで、介護をきっかけに脱毛を始めたようです。


2つ目の理由は、光脱毛やレーザー脱毛の効果を発揮するうちに脱毛してしまうことです。
ある一定の年齢になると、髪の毛だけでなくアンダーヘアもだんだん白髪が増えていきます。


メラニン色素を持たない白髪は、光脱毛やレーザー脱毛の光では脱毛できなくなってしまうからです。


まとめ



最近 新しく出てきたSHR方式やハイパースキンは、メラニン色素がない白髪でも脱毛でき、しかも痛みを伴わない脱毛法。


痛みもなく、時間もかからずアンダーヘア脱毛できるなら これから「介護脱毛」の需要もますます増えるかもしれませんね。


ちなみに、介護脱毛は完全無毛状態にする いわゆるハイジニーナ脱毛です。
つるつる状態にするにはなかなか勇気がいりますが、将来に備えてやってみてもいいかな?とかんがえてしまいますね。


関連ページ

VIO脱毛の流れ・体勢(姿勢)・施術時間は?恥ずかしくない?
VIOのムダ毛処理は国によって感覚の差が!海外の脱毛事情について
VIOのお手入れどうしてる?ハイジニーナ(ノーアンダーヘア)のすすめ