脱毛コラム

自己処理脱毛のメリット・デメリット



脱毛サロンに通う人が増えたようですが、ムダ毛の処理を自分でしている人はまだまだ多いようです。自己処理で主に使われているのが、カミソリ、電気シェーバー、ピンセット、除毛剤ではないでしょうか。


自己処理で脱毛することのメリットとは、ムダ毛が気になったら直ぐにできるということですね。お風呂の時にもしくは洗面台の前で、電気シェーバーやピンセットなどがあれば、人に見られない場所と鏡があれば直ぐに処理できてしまいますよね。そしてお金も脱毛サロンに比べれば安くついて経済的です。


カミソリやピンセット、除毛剤に比べると電気シェーバーは金額が高くついてしまいますが、使い捨てではないので長い期間使用が可能です。


自己処理のデメリットは?



カミソリや電気シェーバーの場合は刃が直接肌に触れることで肌表面を傷つけてしまいます。毛だけをそっているつもりでも、使い方を間違えば肌表面も傷つけ、血がでたり傷痕が残ったり赤みが出たりと処理後の肌負担・肌トラブルのリスクが大きいです。


ピンセットは毛を抜きますから肌への負担はなさそうですが、実は毛を抜くことで肌の見た目が悪くなることもあります。知り合いに、「私は絶対に脱毛サロンへは行かない。だって自分で毛を抜くのが大好きだから。脱毛しちゃったらあの快感が味わえなくなっちゃうやん?」という変わった子もいます。中にはそんな理由で毛抜きを使っている女性もいるんですよね。


毛を抜くトラブルで一番多いのが、次に生えてくる毛が肌にうもれてしまうトラブル。毛が上手く生えず、見た目も悪く、毛を無理にほじくり出そうとすれば肌に傷がつき炎症がおこる可能性もあります。ですから、毛を抜く行為もおすすめはできません。


除毛剤を使った脱毛は肌が弱い方だと除毛剤の刺激が強く、肌が赤くなったり痒くなったり、除毛剤がしみたりといったこともあるので肌負担が大きいです。時間がかかるのも負担になりますね。広範囲の脱毛をしたとき、毛はなくなったけど毛穴が目立ったり、毛の生え始めが黒くめだったり、ブツブツ、ザラつきが気になるのもデメリットですね。


自己処理脱毛は肌負担が大きいと考え、もし自己処理をするのなら肌表面のケアをしっかりとする必要があります。自己処理の場合、肌表面が傷ついているのでしっかりと保湿しましょう。クリームやローションを使い乾燥から肌を守りましょう。