脱毛コラム

成長期と休止期の毛。それぞれにダメージを与える脱毛法はかけもち可能?


脱毛の施術には様々な方法があります。
サロンによって採用している脱毛方式にも違いがあり、効果を感じる時期も差があるのです。


多くの脱毛法は毛周期に合わせて施術を受けるのが基本ですが、毛周期に関係しない違う脱毛
施術方法をかけもちすると、施術期間が早くなるのでは?また効果も2倍なのでは??と・・・


実際に掛け持ちはできるのかどうか見ていきましょう。


脱毛方法と毛周期


まず、脱毛方法の種類と特徴を見ていきましょう。
光脱毛は美容脱毛、フラッシュ脱毛とも呼ばれます。


光脱毛には3種類あり、照射する光の種類が違い、脱毛の仕組みや効果にも違いがあります。


☆光脱毛・IPL方式
IPL インテルスパルスライトの略で、キセノンランプを使用した脱毛法で、多くの脱毛サロンが導入しています。


IPL方式は、毛のメラニン色素の反応し、毛根にある毛乳頭へダメージを与えることで毛の再生を抑えます。
また、キセノンランプはもう毛母細胞や毛乳頭のタンパク質に熱変性を起こして不活性化させます。


メラニン色素に反応させる脱毛法なので、産毛よりも太く黒い毛のほうが効果を感じやすく、日焼けしている肌やシミがある箇所には施術できません。


☆光脱毛・S.S.C方式
S.S.C式はスムーススキンコントロールの略で、ジェルと塗布して光を照射していきます。
照射される光はクリプトンライト。抑毛成分が含まれたジェルとの相乗効果でムダ毛の成長を抑える脱毛法です。


ジェルに含まれる抑毛成分は、「トレジャービーンズ」というカプセルに包まれ、光を当てることでカプセルの膜が破れ有効成分が浸透していきます。
S.S.C方式は、濃く太い毛にも産毛にも効果がある脱毛法と言われています。


☆光脱毛・SHR方式
スーパーヘアリムーバルの略で、IPLやS.S.Cとは根本的に脱毛の仕組みが異なります。
蓄熱式脱毛とも呼ばれ、毛根よりも表面に近いバルジ領域にある発毛因子にダメージを与えることで、毛の再生を阻害して脱毛する方法です。


他の光脱毛(IPL・S.S.C)は毛周期の成長期にあたる毛に対してダメージを与えますが、SHR方式は休止期の毛 つまりまだ皮膚の表面に出てきていない毛の種に対してダメージを与えるのです。
SHR方式の最大の特徴は、痛みがまったくないこと、そして産毛にも濃い毛にも効果を発揮し、日焼けした肌やほくろやシミなどメラニン色素が多くても施術できるのです!!


☆レーザー脱毛
レーザー脱毛と言うと、一般的には医療機関で行う医療レーザー脱毛がそれにあたります。
医療レーザー脱毛の基本的な仕組みは光脱毛のIPL方式と同じですが、光脱毛よりも照射の出力が高く、ほぼ永久的に脱毛できる方法と言われています。


出力が高いので、肌へのダメージも大きいことからレーザー脱毛が扱えるのは医療機関のみです。
光脱毛よりも痛みを強く感じるので、麻酔なので痛みを軽減できるのも医療機関ならではです。


☆ニードル脱毛
針脱毛や電気脱毛とも呼ばれる脱毛法で、毛穴に針を差し込み微弱電流を流して毛根を破壊します。
施術後、すぐに毛が抜け落ち、一度施術した毛穴からは毛が再生しない「永久脱毛」ができる方法です。


ニードル脱毛は確実に毛をなくすことができる方法ですが、強い痛みと、脱毛完了までにかなりの時間を要するのがデメリットとされています。



成長期の毛に対してダメージを与えるのが、光脱毛IPL方式とS.S.C方式と医療レーザー脱毛。
休止期の毛に対してダメージを与えるのが光脱毛のSHR方式です。


ニードル脱毛は、毛周期に関係なく皮膚の表面に生えている状態なら施術が可能です。
(皮膚表面に出ている毛は成長期もしくは退行期の毛にあたります)


成長期と休止期の毛、どちらにもダメージを与えるには、サロンを掛け持ちする方法が考えられます。


基本的にサロンでは1つの施術方法に統一して行います。


施術方法が異なる脱毛を取り扱っているサロンもありますが、同一部位に対して2種類の脱毛施術を使い分けて行うことは珍しいです。


脱毛サロンはかけもちできる??


脱毛サロンの掛け持ちは、推奨されてはいませんが禁止もされていません。
基本的に個人の自由です。


しかし、サロンによっては「他のサロンで医療脱毛、ニードル脱毛、美容(光)脱毛、ワックス脱毛を行った場合、当サロンでは1ヶ月間お手入れ出来ません」とかけもちしていること前提の注意書きもあります。


脱毛サロンを掛け持ちしている人は結構多いです。


私も、ワキ&Vラインとヒザ下はMサロンへ通い、ひじ下&ひじ上はBサロン。
顔脱毛はRサロンと 新規のキャンペーンを利用してお得に脱毛したい箇所だけをしています。


わざわざ、サロンには掛け持ちしていることは言っていませんが、部位がかぶらないようにはしています。


脱毛サロンを掛け持ちする場合、肌へ負担がかからないように最低限のルールを守る事が必要です。


各サロンの施術方法
光脱毛 IPL方式
キレイモ
銀座カラー
シースリー
恋肌(こいはだ) など


光脱毛 S.S.C方式
ミュゼプラチナム
脱毛ラボ
コロリー など


光脱毛 SHR方式
ストラッシュ
・ラココ など


医療レーザー脱毛
各クリニックにて取り扱い

ニードル脱毛(美容電気脱毛)
・エステティック TBC(スーパー脱毛)
・エステティック・ミスパリ


ニードル脱毛(絶縁針脱毛)
各クリニックにて取り扱い


TBCは2種類の方法を使い分けて脱毛を行っています。
美容電気脱毛のスーパー脱毛で太く濃い毛を1本ずつ処理し、広範囲にある薄く細い毛は光脱毛で処理できます!


異なる脱毛方式をかけもちする方法


何も実証された例はありませんが、理論上 成長期の毛と眠っている休止期の毛にダメージを与えれば、早くキレイになる可能性はある!と考えられます。


☆光脱毛 IPL方式とSHR方式のかけもち
休止期の眠っている毛→成長期の生えている毛の順に施術すれば、成長期の毛にダメージを与えた後、眠っている毛がないから短期間で終わる可能性が高い!!


☆SHR方式とニードル脱毛のかけもち
最初に今生えている成長期の毛をニードル脱毛で永久脱毛してしまい、休止期の眠っている残りの毛をSHR方式で施術すれば、ほとんどの毛に対して短期間で効果を与えることができることが考えられます!


まとめ


毛周期に合わせて行う脱毛。
成長期に対してのみ効果を発揮する脱毛法と、休止期に対して効果を発揮する脱毛法を、同じ部位に組み合わせて行うことで、脱毛期間を短縮できるのか?と思い、調べてみました。


脱毛サロンでは基本的に1つの施術方法で脱毛を行います。
違う脱毛方法を組み合わせたいのなら、サロンをかけもちすることになります。


唯一、同じサロンで同じ部位を2つの種類の施術を行うTBCは、方法を熟知した上で施術しているので問題ないのですが、異なるサロンで掛け持ちする場合は、同じ部位を脱毛するなら期間をずらす、同じ期間にかけもちするなら違う部位の脱毛を行うなどの注意が必要です。


関連ページ

痛くない脱毛で人気!SHR方式とハイパースキン法の共通点・違いは?
糸脱毛とは?脱毛効果は?自分でできるセルフ糸脱毛のやり方は?
家庭用脱毛器で永久脱毛はできる?家庭用脱毛器の効果と選び方