脱毛コラム

VIOのお手入れどうしてる?ハイジニーナ(ノーアンダーヘア)のすすめ

脱毛部位の中でも、いろいろ聞きづらいのがVIOです。
特に女性は、アンダーヘアのお手入れをどうしている?という話はなかなかしづらいもので、手さぐり状態の人も多いのではないでしょうか?



特に、トライアングルと呼ばれる部分。
自分は濃いのか 平均的なのか?公衆浴場などへ行ったときにチェックしている人も少なくないでしょう。
他人と比べて自分は濃いかも・・・と気づいても、どう処理するのがいいのか?正解がわからずなんとなくお手入れしている人も多いです。


海外では、ハイジニーナ(ノーアンダーヘア) VIOは全てつるつるがスタンダード。その理由は汚れがつきにくく清潔に保てるという衛生面からです。


日本の場合、見た目(美容面)のために脱毛していることが多いです。そのため、トライアングル部分にアンダーヘアを残すのが一般的で、まだまだハイジニーナにする人は少ないです。


アンダーヘアのお手入れ方法



アンダーヘアのお手入れ方法は、長さ、ヘアの形、方法など正解がわかりません・・・

男性もSEX時に女性のアンダーヘアが長いのはNGだそうです。
Vラインを整えて範囲を狭くしていても、長さを調節しないとボリュームもありもさっとした印象を与え、せっかくVラインを処理していても何もしていないように見えてしまいます。


最低限でも、長さは気にしたいものです。


アンダーヘアの長さ


長さを調整すると言っても、どの程度の長さにするのか?
一番見た目がきれいに見えるのが2cmだそうです。


何でカットするのか??
先が丸くなったハサミでも良いのですが、ハサミでカットするとカットした断面がチクチクして下着からはみ出してしまし、不格好です。


アンダーヘア専用の処理グッズ「ヒートカッター」でカットするのがおすすめです。
ヒートカッターでカットするとカットした断面は丸くなるので、毛先もチクチクしにくくなります。


上手に長さを整えるポイントは、少量ずつカットしていくことです!


アンダーヘアの形


女性のアンダーヘアの形は、逆三角形、形は自然のまま(ナチュラル)ではみ出した部分だけお手入れしている。というのが一般的なようです。


脱毛サロンでは、トライアングルゾーンの形を選ぶことも可能です。
トライアングル以外には、トライアングルミニ、オーバル(たまご型)、扇形、スクエア、Iライン(長方形)、アイライン(縦長)、ハート、無毛状態にしてしまうハイジニーナがあります。


自己処理で整えるなら、ナチュラルな形を保つためにはみ出した部分を剃ることくらいでしょう。
形を整えるために使う方法は、電気シェーバーとT字カミソリです。


・T字カミソリでのお手入れ方法
蒸しタオルで温めて毛を柔らかくし、泡立てた石鹸やシェ-ビングフォームをつけて毛の流れに沿ってそります。


・電気シェーバーでのお手入れ方法
蒸しタオルで温め、毛の流れに逆らって剃ります。


トライアングルゾーンのお手入れは比較的しやすいですが、IラインやOラインは自分で処理するのは難しいです。


VIO脱毛について



脱毛サロンやクリニックでのVIO脱毛は、処理しにくい部位もキレイにお手入れできるのがメリットです!
その反面、デリケートゾーンの脱毛は恥ずかしさ、痛みをも伴うため躊躇する人もいるでしょう。


Vライン・Vゾーン(トライアングル)
恥骨上部の毛。
下着で覆われている三角形のゾーンで、毛量、生えている範囲、毛質に個人差があります。


Iライン
女性器周辺に生えている毛。
生理の時に経血が付着して雑菌の繁殖しやすくなる箇所。


Oライン
肛門周りの毛。ないほうが衛生的に保てます。


VIO脱毛の中でもVラインをしている人は多いです。
下着からはみ出してしまうサイドの部分は、ワキ脱毛とセットになったりしてとても安価に行える部位です。


VIO脱毛を行っている人はかなり少数です。
ツルツルのハイジニーナまではいかなくても、Vゾーンの範囲を小さくして形を整える脱毛をしているようです。


サロン・クリニックでのVIOのお手入れ方法は、光脱毛・医療レーザー脱毛・ブラジリアンワックスが一般的です。
どの方法も痛みが強いのが難点です。


ノーアンダーヘアを勧める理由



アンダーヘアをなくしてしまうメリットはいくつかあります。


・面倒な自己処理がいらなくなる
・生理時のむれ・肌荒れ・ニオイなどが解消される
・デリケートゾーンを清潔に保てる
・下着や水着になってもはみ出しをきにしなくてもいい
・パートナーからのウケがよくなる
・SEX時の感度がよくなる


最近は若い人だけなく、40代から60代の中年女性がVIO脱毛している人が急増しているそうです。
この年代は、親の介護などの経験をし、将来の介護をされる側になったときに介護してくれる人の負担を軽減するためにもVIO脱毛しているそうです。


まとめ


一昔前まで、VIO脱毛をするのはモデルや芸能人くらいでした。


海外ではノーアンダーヘアーが当たり前!逆に、日本人女性にとって当たり前のワキ脱毛は海外では浸透していません。
国によって脱毛の考え方にも違いがあり、これから日本にもノーアンダーヘア(ハイジニーナ)が広がっていくかもしれませんね。