大阪コラム

大阪「カップヌードルミュージアム」インスタントラーメンはムダ毛の濃さに関係あり?


大阪 池田市にある日清のカップヌードルミュージアム。
インスタントラーメンの生みの親 安藤百福さんと、インスタントラーメンの歴史について学べ、オリジナルのカップ麺が作れるとあって人気のスポットです☆


世界で初めてインスタントラーメンがチキンラーメン。このチキンラーメンを開発したのが安藤百福さんです!


チキンラーメンも、カップヌードルも日本の食文化からは切り離せない大きな存在。
安くて簡単に食べられるとあって、世界中で愛される食べ物と言っても過言では無いです。


チキンラーメンは、戦後の深刻な食糧難の時代に、東洋の食文化であるめん類を推奨してきたが、日本では、めん類の量産技術がなく、流通ルートも確立していない。麺文化の振興のために自ら研究してはどうか?と進められたのがきっかけでした。


安藤百福さんは自宅横にある小さな小屋でありふれた道具を使って、インスタントラーメンの研究をすすめ、1年かけてチキンラーメンが誕生したんだそうです。


大阪 池田市にあるカップヌードルミュージアムでは、チキンラーメンを1から作る体験や、300円でオリジナルのカップヌードルを作ることができます!

オリジナルカップヌードルは、予約なしで来館すれば誰でも作れます。
カップに絵などを書いてデザインする→麺をいれて→4種類のスープから選ぶ→具材を4つ選ぶ→フタをする→シュリンク包装をする→エアパッケージに空気を入れる と簡単な工程で小さな子どもでも楽しむことができるそうですよ!!


日本人が大好きなインスタントラーメン。
こんな話しを聞いたことありませんか??


インスタントフードばかり食べていると身体に毒(悪い)??



ワタシは子どもの頃、祖母に「インスタントラーメンは身体に毒!」と言われてあんまり食べさせてもらえませんでした。
何が毒なのか?毒があるものが売っていたらおかしいじゃないか。と子供心に思っていましたが、今思えばきっと添加物のことを言っていたのだろう・・・と思います。


昔の人は、食品添加物のことをよく知らなかった為、そんなデマが広がったのでしょう・・・


添加物とは、保存料・着色料・乳化剤・酸化防止剤などのことを指します。


食品添加物は、食品を製造・加工、食品の保存性、観た目をよくする、食品の栄養を強化するなど、欠かせないものです。


食品添加物の原則は、
「人の健康を損なう恐れがなく、かつ消費者への何らかの利点を与えるもの。安全性と有効性が科学的に立証されているもの」となっています。


なので、食品に使われている物は健康を損なう心配は無いんです!!


摂り過ぎはダメ


しかし、いいことばかりではありません。
デメリットももちろん存在します。
常温で保存期間が長い食品が多いこともあり、ついつい消費期限を忘れ管理がズボラになりがちです。


そして、糖分・塩分・油分のとりすぎにもなり、味覚障害を引き起こす可能性もあります。


ムダ毛にも影響が?



また、食品添加物の取りすぎは、肝臓を疲れさせホルモンバランスを崩します。
ホルモンバランスが崩れると、肌の乾燥やトラブル、ムダ毛が濃くなるなどのトラブルも引き起こしかねません。


ある友人の話しですが、一時期忙しくて、外食やコンビニ弁当、インスタント食品をほぼ毎日食べて暮らしていたら、なんだか身体の毛が全体的に濃くなった・・・と感じたそうです。


ストレスもあったかもしれませんが、忙しさから解放され、まともな食事をするようになったらおさまったそうです。
気のせいかな?と言っていましたが、もしかしたら食品添加物も原因だったかもしれませんね・・・


なんでも食べ過ぎはよくありません。
栄養バランスのいい食事を摂り、インスタント食品はたまに食べるから美味しい☆という程度に留めておかないといけませんね。


関連ページ

大阪ではたこ焼き器が一家に1台は常識!女性のムダ毛処理も常識って誰が決めた?
大阪ではお好み焼き+白米は当たり前?キャベツの美容効果とは?
鶴橋で焼肉三昧生活!の結果「なんか最近・・・毛深くなった?」
串カツ食べるなら大阪新世界!脱毛の痛みは油がはねた時の痛みに似てる?
通天閣の幸運の神様 ビリケンさんに「毛を薄くして」とお願いした友人