大阪コラム

お笑いと言えば大阪!体毛の毛深さで笑いを取ろうとしてる友人


大阪といえば、お笑いの街としても有名です。
芸人さんも関西出身が多いですし、吉本新喜劇が行われているグランド花月も大阪の中心、難波にあります。


芸人さんだけでなく、大阪の人はとにかく面白い人が多く、TVで出てくる一般人の方もかなり強烈で面白いし、面白くしようとしてくれていてサービス精神も旺盛です!!


そんな大阪人への1番の褒め言葉は、かっこいいとか可愛いではなく「おもろい」です!
逆に絶対に言ってはいけないのが「大阪の人なのにおもろくない」。どんな罵声を浴びせられるよりもこれだけは本当に傷つくそうなので絶対にやめてあげてください・・・。


ワタシは関西出身ではないですが、面白い!と言われると嬉しいですし、最高の褒め言葉だと思います。
でも、気をつけないといけないのが「笑わせる」と「笑われる」を間違えてはいけないことです。


自虐ネタに失敗?



ある友人は、関西出身の人に憧れて面白くなろうとしていました。
正直、真面目なタイプで見た目からして面白さを全く感じず、話すことも特別面白いことが言えるわけではない。


本当に面白い人間って、ふっと話した時にさえ面白さがにじみ出ているものですが、その友人は面白い自分を作ろうとし、自虐ネタへと走っていったのです・・・


自分の面白さを考えた時に、思い浮かんだのが自分の体毛の毛深さでした。


例えば、
・体毛を剃ったら体重が1kgくらい減っていた(それくらい毛深いよアピール)
・風呂場で全身の毛を剃ったら、排水口詰まった。
・カミソリは1回使ったらもう使えない
・蚊にさされにくい。 腕毛に絡まって蚊が死んでた
・最近は生え際が薄くなってきた 身体はもじゃもじゃなのに。など、


毛深さを自虐ネタにして笑いをとろうとしているんですが、笑わせているというよりも、笑われている(失笑されている)感の方が強く・・・


見ていてかわいそうになってくるレベル。
だって、言うほど体毛濃くないんだもん・・・


笑いに変えるほどの毛深さって、ペナルティーのワッキーとかゴリとかのレベル。もしくはそれ以上じゃないと全然おもしろくない。
それか、ぱっと見普通だけど、なぜかすね毛だけ肌がみえないくらい異常に濃いとか、胸毛特徴あればいいけど、そんなんもなくてホントに普通。


面白さって天性の才能のようなものだから、無理に面白くする必要ないにの、なぜか面白さを求め続ける・・・
誰か教えてあげてほしい。笑いのセンスないよ。って・・・


関連ページ

大阪の子どもの学力は低い?経済状況は学力や脱毛にも関係する?
大阪で結婚式に列席!余興で見てしまった新郎の腕毛・ワキ毛・胸毛
大阪のアイドル「オバチャーン」が人気?更年期女性のムダ毛事情についても
大阪出身の関ジャニ∞大倉くんは毛深くなりたい!という話はホント?
大阪は救急出動件数 全国1位!もし自分が運ばれた時にムダ毛ボーボーだと恥ずかしい件